新生霧たんぽ鍋

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

« 蒼樹うめ展に行きたかった、冬コミ本寄稿、Windows10、いろいろフランス語版 | トップページ | 韓国版再び »

2015年10月26日 (月)

フランスの映画館でThe Martian(邦題:オデッセイ)を見てきました

Pathé Chavantにてリドリー・スコット監督作、マット・デイモン主演の「The Martian」(フランス語タイトル:Seul sur Mars)を見てきました。

邦題は「オデッセイ」で2月公開だそうです。フランスなら4ヶ月フライングして見れました。
でも、なんでオデッセイなんでしょうか?プロメテウスの続編っぽく聞こえるタイトルですね。
多分、未開の地で新たに世界を作るという意味合いが込められているのでしょうか?
でも、このタイトルはあまりふさわしくない気がします。

かと言って、英語の原題も微妙です。The Martian=火星の人は、マーズ・アタックみたいな映画を連想させます。一番いいのはフランス語版のタイトル「Seul sur Mars(=火星で一人)」がこの作品を言い表すのに適したタイトルだ思います。火星でディスコ・ミュージックを聞きながら孤独と戦い、サバイバルをする主人公の物語にベストなタイトルだと思います。

今回、自分にとって海外で映画を見るのは初めてで緊張しました。
チケットの予約はオンラインでできます。吹き替えなしフランス語字幕(VOST)を選択します。
あと、3Dで見たかったので、3Dメガネもセットで買いました。合わせて日本円で1800円程度。映画代は意外と日本と大きく変わらないようです(3Dに関しては)。300円位安いくらい?

eチケットを購入すると、メールでQRコードが送られてくるので、それを映画館の人にスキャンしてもらいます。(残念ながら、映画館の人は英語が全く喋れませんでした。)

QRコードをスキャンしてもらった後、3Dメガネを受け取り、劇場へ。
席は自由席なので、とりあえず、空いている場所へ。
劇場はそんなに大きくありません(残念ながらIMAXシアターはリヨンかパリに行かないとないようです)。

上映開始時間になると日本と同じように映画本編の前にCMと予告編が入ります。
その後、本編の上映開始。

マッド・デーモン演じる、マーク・ワットニーが事故で火星に取り残されてしまいます。
化学の知識を活かして、水を作り出し火星で生き残るために農業を始めたりして、約500日以上に渡る長期間を生き残り...ここから先はネタバレになるので書かないほうがいいでしょう。

今回の映画は、宇宙船自体の細かい描写よりも、少ない物資で科学の知識をフルに活用し火星でいかに生き残るかという点と地球でNASAがマークを救うための作戦を考え、奮闘する点に重点が置かれて描かれていた気がします。
インターステラーのようにめちゃくちゃこだわった説得力のある宇宙の映像というほどではなかったような気がします(ちなみにインターステラーでマーティ役だったジェシカ・チャスティンも宇宙船の船長役で出てきます)。例えば、(ここからややネタバレ含む)

宇宙船を肉抜きしたり、窓をシートでカバーして地上から飛び立つ描写があるのですが、本当にそんなので大丈夫なのか?火星に大気はほとんどない、肉抜きは計算して大丈夫だみたいなことを言っていましたが、そんな馬鹿な。あとは、火星の重力が地球と同じなのも気になりました。火星の重力は地球の3分の1しかないので、あんなスタスタとは歩けないはずです。

おそらく、今回、リドリー・スコット監督は細かい宇宙描写にはあえてこだわりたくなかったのでしょう。今回、描きたかったのは極限状態でのサバイバル。そこに、焦点を当てるために、あえて、そういった描写を省いたのでしょう。

総評としてはこの映画はそこそこおもしろかったです。自分がパーフェクトに英語を聞き取れていなかったのもあるかもしれませんが(中国語は完全に分からない。でも、たまにフランス語字幕が理解の役に立つ)...。あと、あんまり3Dが活かされる描写がなかったため、そんなに3Dで見なくてもいい気がしました。

それと、フランスは英語のクレジットロールが流れるタイミングで、館内が明るくなり、みんな退出します。日本でも、クレジットロールで退出する人がいますが、なんかもったいない気がします。たまに、クレジットロールの後に何か映像や音声が流れたりする映画がありますが、そういう人とたちは、それらを見逃す可能性があるわけです。

何はともあれ、これで無事、海外でも映画が見れるようになりました。
しかし、もっと早く行っておくべきでした。ギレルモ・デル・トロのゴシック・ホラー「クリムゾン・ピーク」を見逃しました。正確にはまだ上映しているのですが、フランス語吹き替え版(VF)しかやっていません....。楽しみにしていたのに見逃すとは...。やってしまった。

次に映画を見に行くのはスター・ウォーズを見に行く予定です。仕事を休み、リヨンまで行きIMAX3Dで見ようと思います。

« 蒼樹うめ展に行きたかった、冬コミ本寄稿、Windows10、いろいろフランス語版 | トップページ | 韓国版再び »

フランス」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351028/62219554

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの映画館でThe Martian(邦題:オデッセイ)を見てきました:

« 蒼樹うめ展に行きたかった、冬コミ本寄稿、Windows10、いろいろフランス語版 | トップページ | 韓国版再び »