新生霧たんぽ鍋

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

« ゆめのかよいじ実写版/漫画版 | トップページ | マッドマックス~怒りのデス・ロード »

2015年6月13日 (土)

劇場版ラブライブ!

20150614_012831

「ラブライブ!The School Idol Movie」観てきました!

注意ネタバレあり
ネタバレといっても、そんなに気にするような作品ではないと思いますが、個人的な映画の見どころを列挙してみました。ネタバレが気になる人は以下は読まないほうが良いかと。

凛ちゃんが大活躍
映画序盤、凛ちゃんがすごく元気で大活躍していました。雨が降ってきて急に歌いだして、ミュージカル映画のようになったと思ったら、一年生メンバーのライブシーンへ。そして、ホテルの部屋で花陽と一緒にいい雰囲気の猫耳フードの凛ちゃん。ジョギングのときはフリフリスカートって、スタッフ凛ちゃん押しなんですか!?ニューヨークで海未たちが乗ったタクシーが違うホテルに到着して大ピンチ!そんなとき、凛ちゃんがこの窮地を救う!

自分は別に凛ちゃんファンではないですが、劇場版ではテレビアニメ版以上に凛ちゃんの個性が際立っている気がしました。
あと、スクールアイドル全員で歌うライブの企画中、ホワイトボードに正の字の代わりに猫を描いていましたが、あれってどうやってカウントしているんでしょうか。

ライブシーン多め
劇場版ということもあって、ライブ多めでした。しかもすべて新曲。
各学年ごとにPVのようなライブシーンが導入されています。
他のスクールアイドル勢ぞろいで作り上げたラスト前のライブは、学校の文化祭みたいな雰囲気で、スクールアイドルをテーマにした作品の個性が活かされていて良かったです。
ドームでのラストライブ(実際にはアニメ版合わせて3回目くらいのラストライブ。ドームライブの時、3年生メンバーは完全に高校生じゃなくなっているような気がするけど)は1期のOPをオマージュしたような演出もあって最後にふさわしい曲でした。

にこまき

今回、にこまきはやや少な目ですが、スクールアイドルみんなで歌う曲を作曲中の真姫に近づき誘惑するつばささんに嫉妬するにこっち(やっぱりこの二人付き合っていたのか!)。薄い本がでそうなワンシーンですね。つばささん、穂乃果の次のターゲットは真姫ちゃんなのか。ていうか真姫ちゃんちょろすぎる。

ちょっとしたファンサービス
ことりが飛行機に乗る前に枕を忘れずに持ってきていたのはWonderful RushのPVを見ている人向けのサービスシーンですよね。海未の顔芸も健在。トランプはやっぱり弱い。

スクールアイドルとしてのμ's

穂乃果たちがスクールアイドルをやめるという決断も終始貫かれていたのは良かったと思います。やっぱり、ここでμ'sがアイドルを続けたら、「今この瞬間が一番」というスクールアイドルをテーマにしたこの作品の個性が失われてしまいますしね。

μ'sの今後について悩み続ける穂乃果の前に謎の女性シンガーが現れるシーンも少し作品にファンタジー要素が加わって、個人的にはありかなと思いました。この穂乃果の前に現れた高山みなみが声を当てている女性シンガーって、未来の穂乃果だったんでしょうか?目の色や髪の色が似ているし、少しおっちょこちょいな雰囲気も穂乃果っぽい。

もう一回観たいといいう気持ちは大いにありますが、やはりラストライブということなので、1回見て最後にしようと思いました。ラストライブを繰り返し見るのはなんかなーって。

これで、ラブライブ!もついに最終回。作品全体を通してキャラクターと世界観の個性がきっちりしていて良かったと思います。シスプリやハピレスを始めとして作品をヒットさせるコツを磨いてきたG'sマガジンのこれまでの集大成といえる作品だと思います。

20150613_233756

« ゆめのかよいじ実写版/漫画版 | トップページ | マッドマックス~怒りのデス・ロード »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ラブライブ!」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351028/60371327

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版ラブライブ!:

« ゆめのかよいじ実写版/漫画版 | トップページ | マッドマックス~怒りのデス・ロード »