新生霧たんぽ鍋

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

« ダイソーの謎商品「ツチノコのミイラ」 | トップページ | 無限の住人 第六幕「蟲の唱」 »

2008年9月21日 (日)

ウォンテッド観てきました。

[映画感想]ウォンテッドを観てきました。

011 .

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

9月20日より公開の映画「ウォンテッド」を観てきました。

ストーリーに関してはネタバレになりかねないので語らないことにします。

この映画の見所はやはり独特なガンアクションですか。横撃ちの進化版みたいな感じで、しかも、撃った弾丸が曲がるという、漫画のような技が!(因みにこのウォンテッドは漫画(ヴィジュアルノベル)が原作らしいです。ストーリーや設定は大きく違うようですが。)まあ、少しくらいありえないアクションの方が漫画とかの参考になる気がします。こういうアクションは少し、マトリックスっぽいですが、ストーリーとアクションシーンのカッコよさの観点からこっちの方が好きです。

アンジェリーナ・ジョリー主演でとてもセクシーなアクションがカッコよかったです。あと、主人公ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)の後半でのリズミカルなガンアクションシーンがすごくカッコいいわけですよ。こう、弾切れになっても相手からどんどん銃を奪って、ガンガン撃ちなが進んでいく連続的なシーンの流れが良かったです(このシーンが一番見所かもしれません)。前半のカーチェイスシーンもスピーディで良いです。あと、主人公のウェスリーは平凡な会社員ですが、それが凄腕の暗殺者に変わっていくところも見所かもしれません。ひたすら、調教され続ける主人公、とても痛そうです。

アクションシーンや見せ場もたくさんあって、飽きることなくで見れます。実際、ドリンクを飲むのも忘れてみてました。いつもはスタッフロールまでにはだいぶ消費しておくのですが、今回はスタッフロールになってから慌てて飲みました。

リズミカルなガンアクションシーンが爽快感を味あわせてくれる作品でした。ぜひ、劇場で見てみてはどうでしょうか?ついでにパンフレットも買いましょう。

« ダイソーの謎商品「ツチノコのミイラ」 | トップページ | 無限の住人 第六幕「蟲の唱」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>ウォンテッドは漫画(ヴィジュアルノベル)が原作
アイデアは、やはり漫画でしたか。 納得!
ところで、アンジェリーナ・ジョリーの刺青は、裸に描いたのでしょうか。
それとも、CG処理なのでしょうか。

コメありがとうございます。
刺青はアンジーがもともとしているタトゥーとあとは裸に描いたんじゃないでしょうか?因みに腕の刺青は二進法でギリシャの「汝を知れ」などの意味の言葉やアンジーの子供たちの出身地、その緯度経度など刻まれているそうですよ。

原作の漫画(実際にはラノベみたいなものなのでしょうか?)は平凡なウェスリーが暗殺者になっていくというストーリー以外はほとんど設定が違うそうですよ。
↓原作はAmazonで売られているみたいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1582404801/goodpic-22/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド観てきました。:

» ウォンテッド [ともやの映画大好きっ!]
(原題:WANTED) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) マーク・ミラーとJ・G・ジョーンズによるアメコミを実写映画化したアクション映画。 ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、自分の人生の何もかもにウンザリしている平凡な若者。変化のない顧客管理の仕事と無能な上司にストレスを感じ、同棲している彼女は、親友の同僚と浮気をしている始末。そんなウェスリーの前にある日、謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が現われる。その直後から激しい銃撃戦に巻き込まれるが、淡々と応... [続きを読む]

» 「ウォンテッド」弾丸が曲がる! [シネマ親父の“日々是妄言”]
記事投稿日時 2008年9月7日18:43 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後、1週間固定。    ロシアの新鋭、ティムール・ベクマンベドフ 監督のハリウッド進出第1弾。「ウォンテッド」(東宝東和)。相変わらずアンジー姐さんは、エロカッコイイ!(^^;  ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、会社では女性上司に、いじめの如くイビリ倒され、家では同棲中の彼女が、知らぬ間に会所の同僚とベッド・イン。緊張が高ぶると、動悸が烈しくなるので、それを抑える薬を手放せない…と、まさに冴えな... [続きを読む]

» 劇場鑑賞「ウォンテッド」 [日々“是”精進!]
「ウォンテッド」の先行上映の字幕版を鑑賞してきましたM・ミラー&J・G・ジョーンズ原作のグラフィックノベルを、ロシアで大ヒットした「ナイト・ウォッチ」で注目された、ティムナール・ベクマンベトフが映像化。法で裁けぬ悪人たちを抹殺する暗殺組織フラタニティ。...... [続きを読む]

» ウォンテッド+イキガミ&生活維持省 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。 マーク・ミラー/J・G・ジョーンズ原作のコミック“Wanted”の映画化。ティムール・ベクマンベトフ監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン。最近、話題の「イキガミ」盗作....... [続きを読む]

» [映画『ウォンテッド』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆予告編を見る限り、『マトリックス』シリーズと『ジャンパー』を混ぜたような印象を感じていた。 私にとってはどちらもパッとしない作品なので、あまり期待せずに観に行った。 ・・・うん、しかし、面白かった^^    ◇   ◇ つまらない人生を送っていたヘタレ男が、とある出会いや覚醒を切っ掛けにヒーローへ変貌していく。 最近では、先ほど名前を出した『ジャンパー』も、『トランスフォーマー』や『ラスベガスをぶっつぶせ』、『ドラゴン・キングダム』なんかも同じパターンだろう。 日本のスポ根マンガのほと... [続きを読む]

» 『ウォンテッド』 [ラムの大通り]
(原題:WANTED) ----アンジェリーナ・ジョリー主演作歴代第一位の大ヒット----- え〜っ、そうだっけ?? 「うん。どうやらそうらしいね。 でも、この映画の主演は ほんとうはジェームズ・マカヴォイだと思うんだけどね」 ----マカヴォイって、あのタムナスさん? 「うん。『ナルニア国物語 第1章・ライオンと魔女』で大ブレイクして以来、 『ラストキング・オブ・スコットランド』 『ペネロピ』と、 それこそいろんなジャンルの映画に出ている。 でも、ここまでのアクションは初めてじゃないかなあ。 ガ... [続きを読む]

» 『ウォンテッド』 [Sweet*Days**]
監督:ティムール・ベクマンベトフ   CAST:ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン 他 親友に... [続きを読む]

» ウォンテッド(先行上映) [B級パラダイス]
テレビCMが流れ始め、それを見てたらあんま期待できないかなと思ってたんですが、そんなことはなくめっさ楽しめました! [続きを読む]

» ウォンテッド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告に魅せられて、スッゴク、スッゴ〜ク楽しみにしていた映画【story】上司に怒鳴られ、恋人には同僚と浮気され、何もかもにウンザリしていたウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そんな彼の前に突如現れた美貌の殺し屋フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)は、ウェスリーの亡き父が、太古から存在していた暗殺組織、“フラタ二ティ”の凄腕の暗殺者だった事実を彼に知らせる。しかもウェスリーが暗殺者の血を受け継いでいるという―     監督 : ティムール・ベクマンベトフ 『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』  ... [続きを読む]

» ウォンテッド/ジェームズ・マカヴォイ [カノンな日々]
しつこいくらいの予告編大量投入作戦にまんまと乗せられてスゴク観たかったわけでもないのに先行上映に行っちゃいました。逆にそういうのは混んでいてもあまりに気にならないというのもありますしね。それにやっぱりタムナスさん(byナルニア)は何故か観ておきたくなるんです....... [続きを読む]

» ★★ 『ウォンテッド』 [映画の感想文日記]
2008年。アメリカ。WANTED.   ティムール・ベクマンベトフ監督。  映画が始まってすぐに派手なカーチェイス場面になり、ハリウッド映画とはちょっと違う感覚の... [続きを読む]

» 映画レビュー「ウォンテッド」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
Wanted [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆脳髄を刺激するダイナミックな映像が快感。ハリウッドに進出した暴走系ロシア人監督に大注目だ。 【75点】  仕事も恋も生活もストレスだらけの気弱な青年ウェスリーは、突如現れた謎の美女フォックスから、....... [続きを読む]

» ウォンテッド [小部屋日記]
WANTED(2008/アメリカ)【先行上映】 監督:ティムール・ベクマンベトフ 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジェームズ・マカヴォイ/モーガン・フリーマン/テレンス・スタンプ/トーマス・クレッチマン 1を倒して、1000を救う いや〜おもしろかった! 斬新な映像と派手なカーアクション、キャストもハマリ役。 アメリカの若者に人気のグラフィックノベルが原作。 『ディ・ウォッチ』の監督さんですね。 story 恋人にも捨てられ、人生にうんざりしているウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)。そん... [続きを読む]

» ウォンテッド [Akira's VOICE]
ネズミに合掌。   [続きを読む]

» 『ウォンテッド』 [めでぃあみっくす]
「新次元へ」と謳われていた予告編から久々に新しい感覚の映画が見れると期待していたのですが、正直な感想としては新鮮味ゼロでした。全米では大ヒットを受けて3部作構想が既にスタートしているそうですが、可もなく不可もなくになってしまうのでしょうか?それよりもあん....... [続きを読む]

» 2008-67『ウォンテッド』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-67『ウォンテッド』(更新:2008/09/15) 評価:★★★☆☆(★★★★☆の間) アンジェリーナ・ジョリーのSFアクションです。 R15なのですが予告編を観ていて面白そうなので鑑賞してきました..... [続きを読む]

» 「ウォンテッド、Wanted」トレイラー [NOHOHONブログ]
アンジェリーナ・ジョリーが冴えない青年を殺し屋に仕立て上げる 弾丸を曲げて障害物の向こうの的に当ててるよ!? それも撃ち方で軌道を曲げてる。どーゆこと? アクションはすごそうですね、、 日本では2008年秋 公開予定、 Wanted Exclusive Trailerプロフィ....... [続きを読む]

» ウォンテッド [eclipse的な独り言]
 「ハンコック」は酷評してしまったぷくちゃん。でもこの作品は絶賛してしまいます。 [続きを読む]

» ウォンテッド [りらの感想日記♪]
【ウォンテッド】 (21) ★★★☆ 2008/9/13 先行上映 ストーリー 仕事もプライベートも冴えない青年ウェスリー(ジェームズ・マカ [続きを読む]

» 「ウォンテッド」 [クマの巣]
「ウォンテッド」、観ました。 世界の長い間影響を与える謎の暗殺者集団と関係のある平凡な青年ウェスリー。ウェスリーにハードで過酷な... [続きを読む]

» ウォンテッド [映画鑑賞★日記・・・]
【WANTED】2008/09/20公開(09/13先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:ティムール・ベクマンベトフ出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン “1を倒して、1000を救う”... [続きを読む]

» ウォンテッド [マー坊君の映画ぶろぐ]
「ウォンテッド」監督・脚本:ティムール・ベクマンベトフ 出演:アンジェリーナ・ジョリー(『カンフー・パンダ』『ベオウルフ/呪われし勇者』)ジェームズ・マカヴォイ(『ペネロピ』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』)モーガン・フリーマン(『ダークナイト』...... [続きを読む]

» ウォンテッド [象のロケット]
青年ウェスリーのサエない会社員人生は謎の美女の出現により一変する。 彼は千年前から続く暗殺集団、“フラタニティ”の一員となる資質を備えており、亡き父も在籍していたというのだ。 「世界の秩序を守るため、1を倒して1000を救う」組織のもと、暗殺者としての潜在能力を開花させて行くが…。 ハイブリッド・アクション。 R-15... [続きを読む]

» ★「ウォンテッド」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは、 「川崎チネチッタ」でマカヴォイものを。 日本語吹替え版も竹下登元首相の孫のDAIGOが主人公の声で出てるけど、 ひらりん的には字幕版をチョイス・・・レイトショウはたいてい字幕のみなのね。... [続きを読む]

» 映画「ウォンテッド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Wanted この映画は10代、20代に受けているそうで、お年寄りにはどうかとも思うけど、ビッグネームのヒロインに惹かれて、結局観に行ってしまった~確かに凄い~ 極普通の若者が使命を持って変身していくという物語の始まりはゲーム的でもあり、「ドラゴン・キング... [続きを読む]

» 掟も綻びも定めのもとに [MESCALINE DRIVE]
画図百鬼夜行に「頼豪の霊鼠と化と、世に知る所成」とあるのは、鉄鼠である。 「ウォンテッド」を観た。 ウェスリー・ギブソンは日常に倦んでいた。 会社で顧客管理担当の仕事を務めるウェスリーは、上司の嫌がらせにひたすら耐えていた。同棲中の恋人は彼の同僚と浮気...... [続きを読む]

» ウォンテッド を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
先行上映にて 「ウォンテッド」を観ました アキレスの時代以来 神に代わり「運命の意思」を実 [続きを読む]

» ウォンテッド 2008-54 [観たよ〜ん〜]
「ウォンテッド」を観てきました〜♪ メタボリックな上司に怒鳴られ、彼女は友人と浮気している・・・何もかもイヤになったウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)の目の前に、フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)と名乗る女性が現れる。フォックスは「貴方のお父さんは天才暗殺者だったの、貴方にも暗殺者の才能がある。」と告げる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、弾道が曲がるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いしま... [続きを読む]

» 「ウォンテッド」 [雑板屋]
2008年9月20日公開 話は至って単純で、見所はド派手なカーアクションとスタイリッシュな映像に、非現実的な弾丸カーブ! 女殺し屋フォックス演じるアンジーが、相変らずの存在感で、強い女役がほんとに素敵だ。 主役のジェームズ・マカヴォイも、イライラするほどひ弱....... [続きを読む]

» 『ウォンテッド』2008・9・23に観ました [映画と秋葉原と日記]
『ウォンテッド』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 仕事もプライベートも冴えない青年ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)。 そんな彼の日常の中に突然『貴方の亡き父は凄腕の暗殺者だった』と語る謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が現... [続きを読む]

» WANTED!新次元へ突入したアクション・ムービー [銅版画制作の日々]
   予告編でのアンジーのアクションが目に焼きついていました。やっぱりこれは観なきゃいけないと思っていた作品。(9月22日、MOVX京都にて鑑賞。) それとあのジェームス・マカヴォイがメインでの出演だということもあって、ちょっと気になっていました。彼がアクション映画というのも珍しいですものね。本人も今までとは違うジャンルへの挑戦なので、疲れたらしいです。 ジェットコースタームービーといってもいいくらい、アクションの連続です。後半は、一段と激しい映像展開でした。それにしても、アンジェリーナ・ジョ... [続きを読む]

» 『ウォンテッド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ウォンテッド」□監督 ティムール・ベクマンベトフ □原作 マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ □脚本 マイケル・ブランド、デレク・ハース、クリス・モーガン □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、テレンス・スタンプ、トーマス・クレッチマン■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> チッタで座席予約をするときに、心の中でウ〜〜と言い、勢いで土曜日のウォンテッドと大きな声... [続きを読む]

» ウォンテッド★★★☆劇場69本目:先行上映で観に行っちゃいま... [kaoritalyたる所以]
アンジェリーナ・ジョリー出演映画の興行収入歴代一位!とかって予告でやってましたが、主演はジェームズ・マカヴォイなんですけど〜。とは言えネームバリューで観に行く人が多い方が良いわけで、まぁとにかく行ってきました。前売り券を買っていたのに、ネットで調べたら...... [続きを読む]

» ウォンテッド ありえねーより素晴らしい、新次元は本当だった。 [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
タイトル:ウォンテッド、製作:アメリカ(ロシア人監督) ジャンル:ハリウッド超大作アクション/2008年/110分/R15 映画館:TOHOシネマズ梅田(747+4席)13:00〜、450人 鑑賞日時:2008年9月23日(祝/火) 私の満足度:75%(私のアクション映画史上最高かも?)  オススメ度:75% うぅ−ウォンテッド と言えばピンクレディー。きっと中年男が 日本向けのタイトルとして考えたんだろうと思ってたら原題で ビックリ。失礼しました。私が中年でした。祝日でもあり折角 田舎から大阪... [続きを読む]

» 『ウォンテッド/WANTED』@新宿ピカデリー [映画な日々。読書な日々。]
上司にはイビられ、恋人は寝取られと、散々な日々を送るウェスリーに突然の転機が訪れる。謎の美女フォックスと彼女が所属する暗殺組織に、暗殺者としてスカウトされたのだ。会社を辞め訓練を重ねたウェスリーは、その身体に秘められた才能も手伝って、一流の暗殺者として... [続きを読む]

» WANTED [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <日劇PREX> 監督:ティムール・ベクマンベトフ 原作:マーク・ミラー J・G・ジョーンズ 脚本:マイケル・ブラント デレク・ハース クリス・モーガン 仕事でも私生活でも、全くいいところのない青年、ウェスリー。図々しい同僚にたかられてへこんでいるところに謎の美女が現れ・・・。 テレビのCMや作品紹介で、アンジェリーナ・ジョリーの顔をかすめて撃たれた弾が曲がってイクシーンを観て以来、観たくて観たくてしょうがなかった作品。 やっと観られました。 いやー、オモシロ格好いい映... [続きを読む]

« ダイソーの謎商品「ツチノコのミイラ」 | トップページ | 無限の住人 第六幕「蟲の唱」 »