新生霧たんぽ鍋

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ウェブページ

« ウォンテッド観てきました。 | トップページ | ゴスロリキャラ »

2008年9月22日 (月)

無限の住人 第六幕「蟲の唱」

[アニメ感想]無限の住人 第六幕「蟲の唱~むしのうた~」

Snapshot20080922194528

無限の住人第6話です。今回は閑馬永空の回想シーンから始まります。因みにこの回想シーンの上の画像の原画は原作者の沙村広明氏が描いているそうです。毎回冒頭は回想シーンから始まるんですね。この回想シーンの導入も真下監督ならではですね。

Snapshot20080922195529 Snapshot20080922195752

今回は閑馬永空が登場するお話ですが、原作5巻あたりの百琳や偽一たちが裏の仕事をしているシーンも導入されています。第6話はAパートが百琳たちの話でBパートからようやく万次たちが登場という形になっていました。

Snapshot20080922200558_2 原作通り、万次と閑馬永空が茶屋で会って切り合うシーンなんですが、この茶屋の娘の声は阿澄佳奈なんですよ。最近、真下アニメには毎回一人づつくらいの割合で近頃の人気声優の起用がありますね。これまではそんなになかったような気がするのですが。阿澄佳奈はひだまりスケッチで知ったくらいですかね。なんか最近、声優の名前が知らない人ばかりになってきました。三石さんとかなじみの声優の名前をあまり見なくなってきましたなぁ…。世代の変わり目なんですかね?真下監督のアニメは映画の吹き替えとかでしか出なくなった声優も出演するのでいいですね。あとはマッドハウスとかのガンアクションアニメだと結構渋い声が聞けますね。

そういえば、原作を読んだときも思ったのですが、江戸時代の女性の髪のヴァリエーションって今に比べると少ないじゃないですか。↑のような髪型のキャラクターだと、描き分けが結構難しい気がします。服装や顔つきの違いでしっかり描き分けなければならないため、絵があまり得意でない人間には違いを出すのが結構難しい気がします(ましてや白黒の漫画だとなおさら困難)。実際、原作を読んだとき女性キャラで「こいつとこいつは別人なのか、それとも同じ人なのか?」と疑問に思ったことがあります。

Snapshot20080922200653_3 Snapshot20080922200953

今回は万次が閑馬永空の毒に倒れるところまでで、対決は次回に持ち越されるようです。

↑万次の足が切れて落ちるところ。初めて、こういうシーンが入りましたね(一話のラストで万次の足が万次の懐に入っている描写はありましたが)。なるべく直接的グロテスク描写は画面の転換やパンで避けているようですが、実際、グロテスクな描写ってテレビ局としてはどの辺までOKなのですかね?

第6話は閑馬永空編・前編といったところですかね。山場は次回へ続く!

因みにこんなんありました→ココセレブインタビュー『声優・豊口めぐみ(前編)』

« ウォンテッド観てきました。 | トップページ | ゴスロリキャラ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

無限の住人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/351028/23938985

この記事へのトラックバック一覧です: 無限の住人 第六幕「蟲の唱」:

» 「無限の住人」第6話 [日々“是”精進!]
第六話「蟲の唄」旅の途中、とある街道の茶屋で休憩していた万次のもとに、逸刀流の剣士であ閑馬永空が姿を現した。帯刀しておらず攻撃する素振りも見せない彼をいぶかしんた万次は、自分に接触した目的を尋ねる。すると永空から、天津を倒すためだと意外な答えが返ってく...... [続きを読む]

» 無限の住人 第6話「蟲の唄」 [のらりんクロッキーR]
逸刀流って、四面楚歌でない?と思ってしまった今回。前半も後半もすごくよく出来た話でした。グロかったけど(;^_^A百琳は計略、偽一は正面から。百琳チームが逸刀流を仕留めていくのが前半のメイン。ひょんなことから夫婦喧嘩の仲裁に入った逸刀流副将、隅乃軒栄...... [続きを読む]

» 無限の住人第6話「蟲の唄」 [蜂列車待機所日記]
閑馬叡空登場のエピソードでしたが、無骸流のエピソードも平行してかなり描いているのが面白い。結果として物語としてのまとまりはよくなっているんですね。原作では、一話一殺的ノリでテンポ良く話が進んできたところで、無骸流エピソードが始まり、物語のスピードが大幅に..... [続きを読む]

« ウォンテッド観てきました。 | トップページ | ゴスロリキャラ »